オプション取引

お金を借りる > 金融用語 > オプション取引
 

  通貨登録数:166


オプション取引 コール

オプション取引とは


オプション取引とは、売買取引の一種です。取引対象になるのは、株式をはじめとする投資商品を売買する権利なのです。オプション取引では、売買取引の対象を買う権利と、売買取引の対象を売る権利の二つにわけることができます。買う権利はコールオプションと呼ばれ、売る権利はプットオプションと呼ばれます。コールオプションもプットオプションも、オプション取引に利用されますよ。コールオプションというのは、今後一定期日までに、あらかじめ決めた価格で投資商品を買う権利のことを意味します。それに対してプットオプションとは、今後一定期日までに、あらかじめ決めた価格で投資商品を売る権利のことを意味します。

オプション取引における買い手は、売り手にオプション料を払います。売り手はオプション料を設定しますが、まず取引所が指定する証拠金を入れなくてはいけません。その後はじめてオプション料をつけることができ、買い手と取引が可能になります。投資商品にともなう利益は、買い手だけのものです。売り手が手にすることができるのは、あくまでもオプション料だけなのです。

オプション取引では、取引対象になる投資商品によって、オプション料もかなり変化します。そのため、どちらかといえば、有利になるのは売り手だとされています。また、買い手は購入した投資商品を転売することが許されています。取引対象によって、株式オプション、金利オプション、通貨オプションなどいろいろな名称があります。




即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved