キャッシュディスペンサー

お金を借りる > 金融用語 > キャッシュディスペンサー
 

  通貨登録数:166


キャッシュディスペンサー(CD機)

キャッシュディスペンサー(CD機)とは


キャッシュディスペンサー(CD機)とは、現金自動支払機や現金自動引出機のこと。銀行や信用金庫・信用組合などの金融機関や消費者金融などが、現金の出金サービスを顧客である利用者に提供するための機械端末で、キャッシュカードを挿入し、暗証番号や払い戻し金額などを入力すると現金を引き出せる仕組みになっています。

このキャッシュディスペンサー(CD機)は、基本的には現金の引き出しと残高照会機能のみとなっており、入金機能や預金機能はありません。現金の引き出しと入金機能の両方があるものはATMと呼ばれており、キャッシュディスペンサー(CD機)は異なる機械端末になります。しかし一般にはこのキャッシュディスペンサー(CD機)も含めてATMと呼ばれることがあり、海外ではキャッシュディスペンサー(CD機)の看板にATMと明記されている場合もあるので注意が必要です。

キャッシュディスペンサー(CD機)は通常、金融機関の店内や店外、また企業内や商業施設内などに設置されており、金融機関の営業時間よりも長く利用できるようになっています。またオンライン提携によって、別の金融機関のキャッシュディスペンサー(CD機)でも利用できるところが多くなっています。たとえば、消費者金融などの貸金業者から受けた振り込み融資の現金を、このキャッシュディスペンサー(CD機)を利用して引き出すことも可能です。

ただし、キャッシュディスペンサー(CD機)では振込みや振替えなどの手続きを行なうことはできません。現金の引き出しと残高照会以外のサービスを機械端末で行ないたい場合には、ATMを利用する必要があります。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved