預貯金

お金を借りる > 金融用語 > 預貯金
 

  通貨登録数:166


預貯金

預貯金とは

あなたの資産を金融機関へ預けることです。また、預けた資産そのものを指すケースもあります。預貯金というのは、実は預金と貯金にわけることができます。どちらも金融機関へ資産を預けることには変わりありませんが、預けるところによって、使う言葉が違ってくるのです。預金は、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などに行うものです。それに対して、貯金というのは、ゆうちょ銀行、農業協同組合、漁業協同組合などに行うものです。

預貯金は、安全性が高い資産管理になります。元本保証制度がありますので、預けた資産は減ることはありません。もしも、あなたの資産を預かっている金融機関が破産したとしても、一定範囲での保証があるので安心です。これは、預金保険制度や農水産業協同組合貯金保険制度のおかげなのです。また、預貯金は、預けている間にも活用することができます。普通預金や通常貯金としておけば、クレジットカードの引き落としや公共料金の引き落としに利用できます。

預貯金をしておくことで、何もしなくても利子を得ることもできます。利子は所得の一種とみなされますので、源泉分離課税が自動的に20%適用されます。20%の内訳は、所得税15%と地方税5%になっています。ただし、あなたが障害者であれば手続きを行うことで、マル優制度と呼ばれる利子非課税制度を利用することが可能です。つまり、利子が350万円になるまでは税金がかかりません。




即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved