借入限度額

お金を借りる > 金融用語 > 借入限度額
 

  通貨登録数:166


借入限度額とは


借入限度額とは、別名、与信枠・貸出限度額・融資限度額・クレジットラインとも呼ばれる融資などの限度枠のこと。いくらまで借入ができるかという上限額を表わすのが、この借入限度額です。

通常、カードローンなどのような無担保融資の借入限度額の金額は、融資を受ける人の年齢や職業・年収・勤務先といったさまざまな条件によって融資する側の金融機関が決定しています。たとえば、学生などの若年層で収入が不安定な人は低く設定され、会社員などのきっちりとした定期収入を持っている人ほど高く設定される傾向があります。

このように、融資を受ける人の属性によってその融資上限額が変わる借入限度額ですが、この借入限度額は新規利用時に低く設定されてしまうと、その後もずっと低いままになってしまうのかというと、そうではありません。融資後に延滞することなくきちんと返済し続ければ、その返済実績が評価されることで信用が付与され、借入限度額の上限が引き上げられることもあります。

また2010年6月より、多重債務や身の丈以上の債務を防止するのを目的として改正貸金業規制法が施行され、ノンバンクから借りるキャッシングなどの個人向け貸付無担保ローンは、年収の3分の1までしか借りられないことになりました。この総量規制は、貸金業者1社からではなく複数社からの借入残高合計が年収の3分の1までとなるので、キャッシングなどで借入を検討する際には注意する必要があります。




即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved