不動産投資

お金を借りる > 金融用語 > 不動産投資
 

  通貨登録数:166


不動産投資リスク

不動産投資とは


不動産投資とは、ふどうさんとうしと読みます。一軒家やマンションといった物件を利用して、資産を増やす方法です。投資にはいろいろな種類があり、リスクやリターンの大きさも、それぞれ異なります。不動産投資は一般的に、ミドルリスクかつミドルリターンなものだとされています。というのも、一軒家やマンションを購入したとしても、必ずしも入居者がいるとは限りません。また、地震で物件そのものを失くしてしまうかもしれません。しかし、土地を所有している限り、資産がゼロになることはないのです。

バブル期の日本では、不動産投資はキャピタルゲインを目的に行うものでした。つまり、人気の高い土地で一軒家やマンションを購入し、高く転売して利益を得るわけです。しかし、バブル崩壊後の日本では、キャピタルゲイン目的の不動産投資はかなり難しくなりました。現在では、家賃収入や税金メリットを目的に、投資を行うケースがほとんどです。

不動産投資は、個人が住むための物件だけでなく、企業用の物件も対象になります。個人が住むための物件は家賃がいきなり下がることもないので、わりあい安定感のある商品といえるでしょう。このため、サラリーマンが副業としてはじめるケースも多いのです。企業用の物件は高利を手にするチャンスもありますが、景気によって家賃の値下がりが激しい物件でもあります。ですので、企業用の物件はハイリスクハイリターンな一面を持っており、初心者向きではありません。




即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved