住宅変動型金利ローン

お金を借りる > 金融用語 > 変動型金利ローン
 

  通貨登録数:166


住宅変動型金利ローン

変動型金利ローン


変動金利型ローンというのは、金融機関から借り入れたお金を返済している間、金利が一定でないローンを指します。つまり、変動金利型ローンを選んだ場合、適用金利が変化していくわけです。金利がいくらになるかについては、金融機関によっても異なります。

変動金利型ローンを高金利の時に利用しておくと、低金利になった時の返済で、金融機関から借り入れたお金そのものの占める割合が大きくなります。

しかし、変動金利型ローンを低金利の時に利用すると、高金利になった時の返済で、利息の占める割合が多くなってしまいます。この時には、金融機関から借り入れたお金を返済してもしても、なかなか残額が少なくなりません。ひどい時には、未払い利息を作ることになってしまうので注意しましょう。

民間の銀行で住宅ローンを組んだ場合は、1年間に2回行うことが多いでしょう。ただし、1年間に2回金利の見直しをしたとしても、返済額の見直しも一緒にするとは限りません。民間の銀行で住宅ローンを組んだ場合、返済額の見直しは5年間に1回というケースが多いのです。

つまり、この場合は金融機関から借り入れたお金にともなう金利が変わっても、返済額はそのままで利息と元本の割合が変わるということになります。もちろん、6年目以降になれば、返済額の見直しも行われますよ。その際に、経済市場の関係で金利が急上昇していたとても、見直し前の25%アップ以上値上げされることはありません。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved