期間短縮型繰り上げ返済

お金を借りる > 金融用語 > 期間短縮型繰り上げ返済
 

  通貨登録数:166


期間短縮型繰り上げ返済

期間短縮型 繰り上げ返済とは


期間短縮型繰り上げ返済とは住宅ローンの返済方式のうちのひとつで、返済中の住宅ローンの残高の一部となる額面をまとめて返済することによってローン契約を結んだ際に取り決めた毎月の返済額や返済回数を繰り上げるものです。

残っているローンすべてを返済する場合は「全額繰り上げ返済」というのに対し、一部だけを返済することを「一部繰り上げ返済」といい、期間短縮型は一部繰り上げ返済にあたります。期間短縮型の繰り上げ返済でまとまった額を返済した以降も毎月返済する額が少なくなることはありませんが、何回かで返済するはずだった額をまとめて一度に支払うとその額はローン元金の返済に充当されるため、元金に基づいて算出される利息を減らすことができるというメリットがあります。

ローン契約をすると、たとえ毎月の返済額は同じであってもしばらくの間は元金よりも利息のほうが割合が高く、なかなか元金が減っていかない仕組みになっています。そのため、期間短縮型の繰り上げ返済をするのであれば、返済をはじめてから可能な限り早い段階で行ったほうがより大きく利息のカットができるということになります。

尚、一部繰り上げ返済には期間短縮型の他に「返済額軽減型」というものもあります。毎月の返済額を変更することなく返済回数と利息を減らして支払の負担を軽くする期間短縮型に対し、返済額軽減型はローン残高の一部をまとめて支払う点は同じですが、まとめ払いによって減った元金を当初取り決めた返済回数のままで支払っていくという点が異なり、毎月の返済額を軽減することができます。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved 提供:ja.exchange-rates.org