個人ローン

お金を借りる > 金融用語 > 個人ローン
 

  通貨登録数:166


個人ローン

個人ローンとは


個人ローンとは、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、企業や事業主が融資を受ける事業性の使途ではなく、個人的な使途のために受ける融資を指します。

さまざまな金融機関が多種多様な個人ローン向けの金融商品を提供していますが、一般的には銀行の個人ローンが最も金利が低いとされています。しかしながら金利が安く返済期間が長く設定でき、返済の負担を軽減することができるというメリットがあるがゆえに銀行のローンは審査が他の金融業者よりも厳しく、審査結果が出るまでに時間がかかるという問題もあります。こうしたデメリットを払拭するため、近年では銀行がバックボーンとなるローンカードの申込みはインターネット上で仮申込みや審査ができるところが増えており、おおまかな申込み情報を入力して送信すればほんの数秒で審査結果が出る業者も登場しています。

個人ローンを申込む際に必要なものは、健康保険証や運転免許証などの身分証明書類、申込みをする額によっては確定申告書類や源泉徴収票、給与明細といった収入を証明する書類が必要になります。審査はこれらの書類を元に個人信用情報機関に過去の取引履歴を照会することで行われます。初めての申込みの場合は勤め先や勤続年数、収入などからいくらまでの融資が可能か、あるいは契約不可かという判断がなされます。また、賃貸住宅よりも持ち家がある人、自宅に固定電話を引いている人のほうが有利などといった属性も関係するともいわれています。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved