貸金業者の業務運営に関するガイドライン

お金を借りる > 金融用語 > 貸金業者の業務運営に関するガイドライン
 

  通貨登録数:166


ガイドライン

貸金業者の業務運営に関するガイドラインとは


貸金業者の業務運営に関するガイドラインとは、それまでの大蔵省銀行局長の「貸金業者の業務運営に関する基本事項について」という通達の廃止に伴って、1998年6月8日に旧大蔵省が発出した事務のガイドラインのことです。

廃止された通達の正式名称は「大蔵省銀行局長通達第2602号、貸金業者の業務運営に関する基本事項について」というもので、登録・業務・貸金業協会の3つの事項で構成され、具体的な用語の定義や業務規則を説明したものでした。この通達は1998年6月8日に大蔵省によって廃止されましたが、通達のうち認可・承認の審査基準や提出書類の様式、手続きを定めているものなどに関しては省令・告示に明記し、それ以外の留意事項は「事務のガイドライン」として、貸金業者の業務運営に関するガイドラインにまとめられています。

この貸金業者の業務運営に関するガイドラインには、1.登録の申請・届出関係 2.業務関係 3.報告書関係 4.貸金業協会に関する監督 5.信用情報関係 6.苦情処理関係 7.貸金業関連連絡会 の7つの項目があり、法令解釈や内部手続き、業務の健全性に関する着眼点などから成っています。貸金業者が貸金業を事業として行なう場合には、この貸金業者の業務運営に関するガイドラインに沿って業務を行なう必要があります。

なお、この貸金業者の業務運営に関するガイドラインは、1998年6月22日、金融監督庁の設置に伴って同省へ、また2000年7月からは金融庁に移管されています。




即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved