貸金業協会

お金を借りる > 金融用語 > 貸金業協会
 

  通貨登録数:166


貸金業協会

貸金業協会とは


貸金業協会とは、貸金業を営む消費者金融業者・事業者金融業者・クレジットカード会社・信販会社・リース会社等を対象とする業界団体。正式名称を「日本貸金業協会」と言い、2007年12月19日に内閣総理大臣の認可を受けて設立された認可法人です。

この貸金業協会設立の目的は、貸金業界の自主規制機能を担うこと。貸金業者向けに厳しい自主規制基本規則を定め、協会員である貸金業者の指導を徹底しています。たとえば、一定の地域や場所では有人店舗・無人店舗の新たな設置は行わないなどの協会員が営業店を新たに設置する上での規則の設定や、過剰貸付けを防止するための社内規則の整備、取立て行為に関する規則の制定などを行なっているほか、貸金業務取扱主任者の試験・登録・講習、貸金業に関する相談・苦情・紛争解決・貸付自粛などの業務を実施するなどしています。

現在の貸金業協会は、前身となる各都道府県の貸金業協会の連合会である「全国貸金業協会連合会」が制定していたものに比べ、指導・監督・監査権限の強化や監督に従わなかった場合の罰則が強化されています。このようなことから考えても、この貸金業協会に登録している協会員業者を選ぶことで、安心して借入ができると言うことができそうです。

利用したいと考えている貸金業者が、この貸金業協会に加盟している協会員業者であるかどうかは、「日本貸金業協会」のウェブサイトで調べることができます。業者に不安を感じたり業者選びに迷ったときには、協会員業者であるかどうかを参考にするとよいかもしれません。




即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved