上限金利

お金を借りる > 金融用語 > 上限金利
 

  通貨登録数:166


上限金利

上限金利とは


上限金利とは、貸金業者として登録している金融業者が融資をする際、融資額に応じて定められているリミットとなる金利を指します。

貸金業者が行う融資に関してその上限金利を定める法律には、利息制限法、出資法、貸金業規制法の3つがあります。とはいえ、この3つがバラバラに機能しているわけではなく、3つの法律がそれぞれ融資という行為に少しずつ関わりを持ちながら明確な上限金利を示すという仕組みになっています。

この仕組みは、2010年6月18日から完全施行された改正貸金業規制法によってよりはっきりとしたものになりました。

利息制限法は民法に属する法律であり、10万円を超えない融資は20%、10万円以上で100万円を超えない融資は18.0%、100万円以上の融資は15%が上限金利となっています。

しかし民法は違反しても刑事罰を受けることがないため、貸金業規制法が改正されるまではこの利息制限法を上回る金利で融資を行う金融業者の割合がかなり高くなっていました。

金融法に属する法律である出資法で定められている上限金利は、20%です。貸金業規制法の改正前は29.2%でしたが、利息制限法の上限金利と開きがあることから「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利で融資を行う金融業者が多かったため、引き下げられることとなりました。

貸金業規制法が改正される前と同様、出資法の上限金利を越える金利で融資を行った場合は刑事罰を受けることになります。

それに加え、改正後は利息制限法を越えて出資法を越えない範囲の金利で行う融資も法令違反となり、行政処分を受けることになりました。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved