借金の相続

お金を借りる > 金融用語 > 借金の相続
 

  通貨登録数:166


借金の相続


相続というと故人が遺した財産を受け継ぐというイメージが大きいかもしれませんが、相続人(相続する人)が被相続人(相続される人)である故人から受け継ぐのはプラスの資産ばかりではありません。

故人に借金があった場合には、それも相続人が引き継ぐことになります。

借金はマイナスの財産とみなされ、相続は不動産などのプラスの財産のみでなく、財産としてみなされる権利や義務のすべてを引き継ぐものであるためです。

故人に借金があり、相続人がそれを相続することになった場合は、法律で定められた割合に応じた額の借金をそれぞれの相続人が相続することになります。

たとえば故人に500万円の借金があり、相続人が妻と子供二人であった場合でみると、法定相続分は妻が1/2、子供が1/2で複数名いる場合は人数で割るため、二人で1/4ずつの相続となります。

つまり、妻が250万円、子供二人がそれぞれ125万円ずつの借金を相続します。

法定相続分による相続でなく、相続人となる当事者同士が話し合って財産を分割する遺産分割協議で相続人のうち一人が500万円すべてを相続すると決めることはできますが、この効力が及ぶのは相続人のみで貸し手側を拘束するものではないため、結果的には法手相続分に基づいてそれぞれが請求を受けることになります。

債権者からの請求を免れるには、プラス、マイナスに関わらず相続する財産があることを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所で相続放棄の手続をする必要があります。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved