残高スライド返済

お金を借りる > 金融用語 > 残高スライド返済
 

  通貨登録数:166


残高スライド返済


残高スライド返済とは、50万円までなら月々1万円の返済、50万円を超えて100万円までなら月々2万円の返済、それ以上は借り入れ額が10万円増えるごとに5千円ずつ月々の返済額が加算されるといったように、借り入れをした額によって毎月返済する額がスライド(変動)していく返済方式を指します。

リボルビング払い(略称:リボ払い)はある程度の額の借り入れをしても月々の返済は数千円で済む場合もあるなど毎月の返済の負担が軽く済む反面、なかなか元金が減っていかないという問題があるのに対し、残高スライド返済はリボ払いよりも短期間で残高が減っていくというメリットがあります。

しかしながらメリットばかりではなく、一般的に残高スライド返済は手数料が高く設定されているために、返済期間が長くなるとトータルの返済額が大きくなるというデメリットもあります。

残高スライド返済には、「残高スライド元利定率返済方式」「残高スライド元金定額返済方式」「残高スライド元利定額返済方式」という3種類の返済方式があります。

残高スライド元利定率返済方式は、元金と利息を合計した額に借り入れ額と返済期間に応じて定められた一定の率を掛けて月々の返済額が決められる返済方式です。残高スライド元金定額返済方式は、残高スライド方式と元金定額リボルビング方式の性質を併せ持つ返済方式で、元金に対する返済額は定額で利息が返済額に応じて変動していきます。

残高スライド元利定額返済方式は、借り入れの残高に応じて利息を含めた返済額があらかじめ決まっており、残高が減っていくのに伴って返済額が変動していく返済方式です。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved