投資信託

お金を借りる > 金融用語 > 投資信託

投資信託

投資信託とは

投資商品の一種です。ファンドや投資ファンド、などと呼ばれることもあります。投資信託は、複数の投資家からお金を集め、大きな金額にまとめてから増やしていきます。運用するのはプロのファンドマネージャーで、資金を債券や株式を利用し、専門知識を使って上手に増やしてくれます。増やした資金は、後ほど投資家へ分配される仕組みになっています。ですので、投資知識がない方でも、取り引きに関するリスクを減らすことができるのです。投資信託に成功して大きな利益をあげることができれば、投資家たちの資産も増えていきます。

投資信託のメリットはなんといっても、資金が少なくても大きな投資が可能になることでしょう。株取引の場合は一定以上の金額が必要になりますが、この頭皮方法だったら1万円からスタートすることも可能です。また、投資の対象は世界中に広がっているますので、国内だけでなく、外国にも取り引き対象があります。

こうして投資対象を分散させることができるため、リスクをコントロールすることも可能になるわけです。また、専門家が資産を運用してくれますので、あなたが投資の売買や銘柄選びに悩む必要もなくなります。

人気の投資信託
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

投資信託のデメリットは、販売手数用と信託報酬がかかることです。プロのファンドマネージャーに資産運用をまかせるので、その費用が必要になってくるわけです。しかし、個人で専門家を雇うことを考えれば安いものです。

スポンサードリンク




即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved