担保

お金を借りる > 金融用語 > 担保
 

  通貨登録数:166


担保

担保とは、金銭の貸し借りをする場合に、万が一返済が不可能になった時に備えておくものです。

返済が不可能になった時に担保があれば、弁済がスムーズにできるわけです。ですから、大きな借金をする時には、不動産や抵当権を担保として求められることが多いですね。

また、念のために、保証人や連帯保証人をたてたりしますよね。不動産や抵当権などは、物的担保と呼ばれています。また、保証人や連帯保証人は、人的担保と呼ばれています。

たとえば、あなたが金融機関へ5000万円のローンを組んだとします。大きな金額ですから、金融機関はあなたが持っている一軒家を担保にするでしょう。

その後、事業が失敗したあなたは、5000万円のローンを返済することが不可能になってしまいました。こうなると、金融機関はあなたが持っている一軒家を、返済金にかわるものとして手に入れる権利があるわけです。

ひとくちに担保と言っても、質権、抵当権、根抵当権、仮登記担保などいろいろな種類があります。質権は、不動産以外の有形財産に関してよく利用されるものです。

抵当権は一般的には不動産を意味することが多いですね。根抵当権は、特定の不動産ではなく、限度額にそって複数の不動産を指すことになります。仮登記担保は、面倒な裁判手続きをしなくても、金融機関が代物弁済を手にすることができる方法です。金銭の貸し借りをする際に、条件付代物弁済契約をあらかじめ交わしておくからです。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved