ローン提携販売

お金を借りる > 金融用語 > ローン提携販売
 

  通貨登録数:166


ローン提携販売とは

ローン提携販売は、割賦販売の典型とも言われています。ローン提携販売ではまず、販売会社が金融機関と提携する仕組みになっています。そして、あなたがショッピングをして、分割払いをする際に販売会社が保証人となります。

このため、金融機関からショッピング代金を借りることができます。その結果、販売会社へショッピング代金を一気に支払うことが可能になるのです。販売会社へはもう支払いが済んでいますので、あなたとの売買契約はここで終了ということになります。

この後は、金融機関とあなたとの間で、ショッピング代金の借り入れに関する関係が継続することになります。しかしながら、もしあなたの返済にトラブルが起こった時には、金融機関は保証人に連絡をすることになります。

つまり、支払いが済んでいるのに、販売会社へ連絡がいくわけです。保証人となったからには、金融機関は返済残額のすべてを請求することができるからです。そして、販売会社は金融機関からの請求にもとづいて、あなたに請求をすることになります。

ローン提携販売では、一般の割賦販売と同じように、割賦販売法が適用されるケースがあります。ローン提携販売が、ショッピング代金の返済が2ヶ月以上にわたって行われ、3回以上の分割払いを利用する場合のことです。割賦販売法において規制されるローン提携販売としては、リボルビング方式、委託保証方式、包括ローン方式などがありますよ。


即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved