定率リボルビングシステム

お金を借りる > 金融用語 > 定率リボルビングシステム
 

  通貨登録数:166


定率リボルビングシステム

定率リボルビングシステムというのは、借金をする場合に決める返済方法のひとつです。リボルビングシステムは、2つの種類があります。

定率リボルビングシステムと定額リボルビングシステムですね。日本で一般的に利用されているのは、定額リボルビングシステムのほうですね。そのため、あなたが借金した際の契約書で、定率リボルビングシステムという文字を目にするのは珍しいかもしれません。

定率リボルビングシステムは、借金の返済残高に対して返済率を決めていくものです。ですから、毎回の返済金額が変わっていきます。銀行引き落としにしている場合は、毎月金額をチェックしておく必要がありますね。

また、元金定率リボルビング方式と元利定率リボルビング方式の2種類がありますので、契約の際には注意しましょう。 元金定率リボルビング方式にするか元利定率リボルビング方式にするかで、返済残高にも差が出てきます。同じ10万円を借りたとしても、元利定率リボルビング方式のほうがずっとお得になっています。

定率リボルビングシステムは、借金の返済残高が減っていくと、それにともなって返済金額も減っていきます。一見お得なように感じますが、借金残高の減り方もゆるやかになっていることに注意しましょう。

決して、返済がラクになっているとは限らないのです。借金がなかなかゼロにならないのは、もしかして利息だけ支払っているせいかもしれません。支払い回数と支払い総額をきちんと計算してみて下さいね。



即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved