優遇金利

お金を借りる > 金融用語 > 優遇金利
 

  通貨登録数:166


優遇金利

優遇金利は、一般的な契約で結ばれる店頭金利よりも、さらに低い金利となっていることが特徴です。

大きな借金となる住宅ローンで優遇金利だったら、かなりの得をすることになるでしょう。ただし、この待遇の良さを享受するには、厳しい条件があるのです。その厳しい条件をクリアした人だけが、いろいろな金融機関で実施している優遇金利を利用することができます。条件は金融機関によっても違いますので、興味のある方はすぐ問い合わせてみましょう。

優遇金利は、全期間優遇金利、当初期間優遇金利、超長期固定金利の3種類があります。

全期間優遇金利と当初期間優遇金利の違いは、金利がお得な期間の差ですね。全期間であればすべての期間を通じて金利がお得ですし、当初期間であれば一定の期間だけ金利がお得ということになります。どちらも、店頭金利から割引してもらえます。

ただし、金利がお得な期間の差がありますので、割引率も異なります。全期間優遇金利の方が、当初期間優遇金利よりも高めになっているんです。

当初期間優遇金利は、世帯主の年齢が若くて収入が低いうちは、返済金額を少なめにしたい!という場合におすすめです。また、余裕があれば繰上返済をして、金利がお得な期間にできるだけ返済する計画を持っている方にもおすすめです。

超長期固定金利とは、10年以上の長期にわたる借り入れに使われることが特徴です。住宅ローンを組む場合は、毎月の負担を減らすために、10年以上の契約をする方が多いです。一般的に利用される35年ローンであれば、超長期固定金利がもっともお得な計算になります。




即日キャッシング
三菱東京UFJ銀行
オリックス銀行
イオン銀行
東京スター銀行
日本政策金融公庫
ろうきん
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
銀行カードローン
資産運用
(C)copyright お金を借りる all right reserved