ランドバンキング


ランドバンキングの投資情報。詳細・運営状況
投資する上でのポイントは、日記をつけるのがオススメです。
 

  通貨登録数:166




お金 > 投資 > ランドバンキング

ランドバンキング 土地投資

海外投資として、人気が高まりつつあるのがランドバンキング
中国の方は自分の国では、国が所有している形のため、所有権を得ることができないため、土地に対する憧れが非常に強いとも聞いており、日本でも全国各地の土地などを買い付けているのをよく聞きます。

また、アメリカカナダでも日本と同じように外国人が土地の所有権を得ることが認められています。

ランドバンキングは土地の所有権を買います。
ファンドと違い土地の所有権を売買する形になりますので、購入した方に権利が確保されます。
購入後は、日本と同じ登記簿のような権利証が発行されて、登記所で確認が可能です。

海外の金融商品に投資をする場合には、運用会社の信用性が不安ですが、不動産の現物ですので、権利がなくなったり価値がゼロになることはありません。

また土地を購入した投資家たちの60%以上の賛成により、売却が決まり、過去の実績利回り28.98%という高い利率を維持しています。

1口100万円から参加可能で、1口(1ユニット) 運用期間は約4〜6年。

ランドバンキングはカナダが狙い目


エネルギーが今後も世界全体にとって、大きな課題になることは間違いありません。
今急加速で見方を変えている傾向です。昔からの資源エネルギーは手堅い感があり、原油や天然ガスを保有する国が、これまで以上に、注目されるかもしれません。

石油埋蔵量のグラフですが、中東意外で保有している国の中ではカナダが一番多く、また中東情勢のように、クーデターや革命というものは皆無で、経済・政治的にも安定しています。

カナダという国はアメリカの奥座敷のような感じで目立たない印象をうけますが、実際のところは世界第2位の資源を保有する国家になり、しかも先進国になります。

カナダにはこのランドバンキングがありますので、長期に土地を保有する形で投資する形が望ましいかと思います。


証券会社
マネックス証券
SBI証券
岡三オンライン証券
アイディーオー証券
オリックス証券
クリック証券
ひまわり証券
松井証券
丸三証券
カブドットコム証券
トレイダーズ証券
野村証券
注目の情報
融資・低金利ローン
銀行
BANK
資産運用
目的別資産管理 お金来店不要
外貨預金通貨海外送金無利息
(C)copyright お金 all right reserved